βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
ハナビラタケ増強食はベータグルカン増強食

ハナビラタケ増強食(はなびらだけ強化食)とは、 ハナビラタケを大量に食べることでハナビラタケに含まれているβグルカン(ベータグルカン)という成分を多く摂取する食事法です。 広告宣伝でよく目にするハナビラタケ健康食品はキノコ原料の健康食品の1種ですが、 これらのキノコに含まれている主要成分であるβグルカン(ベータグルカン)の機能性が注目を集めているのです。

キノコに含まれるベータグルカンは数パーセントであり、 比較的ベータグルカンの多いとされているハナビラタケでも30〜40%のβグルカン含有量に留まっています。 一般的なキノコを大量に食べるよりもβグルカンの多いハナビラタケを集中的に食べれば、 摂取が困難なβグルカン成分を多く摂取できるのです。

しかし、昔ながらのキノコ原料の健康食品は実は効率が悪いことが再認識されつつあります。 現代では、もっと効率的に安全に大量に安くβグルカンを食することが可能です。 それは、食用でもあるイースト菌つまりはパン酵母からβグルカンを高純度に抽出したサプリメントです。

キノコとしてはβグルカン純度が高いとされるハナビラタケでもβグルカンの含有率は40%程度です。 しかし、パン酵母からβグルカンを抽出することで60〜85%を超えるまでに純度が高められました。 βグルカン純度が高まったことは、摂取効率が良くなっただけなく、 キノコ原料の健康食品に頻発する不純物による副作用の危険性が払拭されたのです。

βグルカンという成分を、大量に、効率良く、安く摂取する必要な人には、 ハナビラタケ増強食よりもβグルカンが増強・強化されたパン酵母抽出のβグルカンが最適だと言えます。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカンを最大効率で摂取するタイミング

高純度品に限らずβグルカン(ベータグルカン)を摂るタイミングは、「食間」がベストです。 食事と同時に摂るのは、「モッタイナイ」ことになります。

ハナビラタケに代表される市販の多くのキノコβグルカン健康食品・サプリメントは、 不純物(タンパク質,脂質)が多いために、βグルカン分子が不純物に覆われています。 そのため、βグルカンをマクロファージに捕食させて吸収させることが困難になり、 純度以上に吸収率が低くなっているのです。

高純度のパン酵母βグルカンでは、精製工程において不純物を徹底除去していることで、 βグルカン分子周囲にも たんぱく質、脂質は殆ど除去されています。 これによって、高純度以上にマクロファージによる吸収効率が高くなっています。 βグルカン健康食品・サプリメントでは不純物を除去することが大変に重要で、 副作用リスクを払拭するだけでなく、βグルカン吸収効率を大きく上下させます。

高純度βグルカンを利用する際には、 食事との時間間隔を前後に30分から可能なら1時間以上空けることが最大効率の秘訣です。 食事に含まれているタンパク質、脂質は不可欠で重要な栄養素ですが、 混合によるβグルカンの吸収率低下は、高純度βグルカンが「モッタイナイ」。

だから 超高純度ベータグルカン専門店『βグルカン本舗』では、 「食間に水だけ」でβグルカンを摂取する最大効率化を推奨しています。

高純度βグルカンだからこそ、さらに最高効率でご利用頂きたいのです。

ただし、βグルカン(ベータグルカン)の最適な量は個人個人の体質や体調で大きく異なります。 満腹感を感じない程度の量に留めるように意識されるのが良いでしょう。 「食間=空腹時」のβグルカン摂取は最大効率である一方で、 食べ過ぎを感じ易いタイミングです。 優れた健康食品といえども単純に食べ過ぎは避けるべきだとご留意下さい。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンのQ&A | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
酵母エキス と βグルカン

「酵母エキス」と銘打った食品の分類があります。 露出の多いものは広告の多い健康食品ですが、 加工食品への添加物としても広く使われています。

文字通り「酵母エキス」の原料は酵母="菌"です。 ビール酵母、パン酵母 などの酵母菌を培養し、菌の中の成分を様々な製法で抽出した製品です。

「エキス」と聞くと良い成分だけが濃縮されたようなイメージを抱きますが、 目的と製品によって成分の種類が違えば、濃度も違うのです。

実は日常で最も接する機会が多いのは、 用途としては加工食品に加えられる「酵母エキス」です。 主に「旨味」や「風味」を付加するために、加えられることが多いようです。 ここで「食品添加物」の悪いイメージが先行しがちですが、 「酵母エキス」は法律上は「食品」として扱われます。 少なくとも化学合成した化学調味料とは一線が引かれ、 「天然」「自然」の旨味調味料と見做されています。

一方で、「酵母エキス」に分類される健康食品は、 ビール酵母サプリメントを初め、パン酵母ベータグルカン、 黒酵母エキスなどが多く出回っています。 (黒酵母の場合は、製品内の98%が水なのでエキスと呼ぶのは難しい..)

「酵母エキス」の健康食品に重要なのは、 酵母の中から抽出されるβグルカン(ベータグルカン)という成分です。 「酵母エキス」に謳われる機能性の大部分は、このβグルカンという成分のなせる業。 残るその他の成分は、ビタミンやミネラル豊富と宣伝されるものの、 βグルカンにとっては不純物となります。 ビタミン、ミネラル等の栄養は、通常の食材にも多く含まれているので、 わざわざ高価なβグルカン健康食品から摂る必然は無いのです。

つまりは、「健康食品として優れた酵母エキス」は、 いかにβグルカンだけを抽出して濃度を高めているかが優劣の尺度と言えます。 βグルカン以外の成分を削ぎ落とすことで、 βグルカンの機能性が最大化されます。

この点において、現在に最もβグルカンの成分濃度が高い健康食品は、 パン酵母抽出の酵母エキスです。

現代最高レベルの抽出技術によれば、 パン酵母から抽出される酵母エキスは、製品としての粉末状態で85%以上のβグルカン濃度となっています。

「酵母エキス」の健康食品を選ぶなら、「パン酵母抽出のβグルカン」を選ぶのが現代では最善なのです。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペット用βグルカンとの比較

超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は、人間用の世界最高純度のβグルカン健康食品ですが、犬や猫などのペットにも流用が可能です。(草食動物を除く!)

むしろ、βグルカン健康食品を買ってさえも、人間のように最高効率でβグルカンを摂取できないペット達=イヌやネコにこそ 高純度=高効率のβグルカンが必要であると言えます。

ペットが家族の一員のように大切になっていく世情につれ、ペット用の健康食品が数多く流通販売されるようになってきています。しかし、「ペット用、ぺっと専用」と銘打った商品の多くは、人間用商品の劣化版であることが殆どで、品質が落とされていることが多いのです。
ペット用健康食品には成分表示が少なく、重要なはずの機能性成分の分析表記が省略されていたり、酷いものでは内容成分の表記が無い商品もあるようです。
購入に際しての比較では、含まれている成分と販売価格をキチンと比べることが重要です。
可愛らしいラベルやパッケージには何の機能も期待できないのですから。

必要以上に高価なものを与えることは推奨しませんが、
せめて内容成分が明記してある健康食品を与えることを強くお勧めします。

大切なワンちゃん、ネコちゃん にこそ、
高純度品・高効率品の健康食品・サプリメントが最善にして必須の選択なのです。


<Keywords: ペット、ペット用グルカン水ペット用健康食品、ペット用サプリメント、パン酵母ベータグルカン

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬虫夏草とのβグルカン比較

冬虫夏草」と『オルタスβグルカン85』は、原料こそ異なるものの、 機能性成分がβグルカン(ベータグルカン)である健康食品であるという点は、共通しています。 いわゆる"βグルカン健康食品"に分類される健康食品の内容=品質の違いは、 βグルカン量の大小=純度の違いです。 つまり、βグルカンの多い製品が優れた製品となります。

冬虫夏草」の製品内容では、 肝心のβグルカンは10〜20%程度のようです。 この純度は、価格が高い「済州島」産の「冬虫夏草」でも、大差はありません。 一方、『オルタスβグルカン85』には、 「冬虫夏草」の数倍となる85%以上ものβグルカンが含まれています。 つまり、同じ量を食しても「冬虫夏草」の数倍の効率でβグルカンが摂取できるのが、 超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の最大の特徴と言えます。 パン酵母ベータグルカンだけに許された高純度の恩恵です。

冬虫夏草」健康食品の高価格は、悪しき伝統が原因でしょう。 一昔前の過去には、βグルカンという希少な成分を獲るには、 希少なキノコ原料からしか抽出できないために異常に高価だった過去の時代の名残りです。 現代では、『オルタスβグルカン85』のように、 パン酵母から高純度かつ安価に抽出が可能になっており、 高額で非効率なキノコを大量に食する必要は無くなりました。 つまり、「冬虫夏草」が『オルタスβグルカン85』に勝る点は無いのです。

アジアでは、 まだ「冬虫夏草」や「ハナビラタケ」のようなキノコ健康食品が残っており、多く流通しています。 違法で派手な"奇跡的な広告"で、低品質のキノコを高額販売する手法は、早晩衰退するでしょう。 世界的には、インターネットの普及に伴った情報化で、 サプリメントの目的と成分評価が非常に進展しました。 その結果、キノコ健康食品は衰退傾向が顕著であり、 『オルタスβグルカン85』のような高純度パン酵母βグルカンへの置き換え が進んでいます。

今現在、「冬虫夏草」を選ぶ理由は希薄です。 「冬虫夏草」より遥かに高品質で、「冬虫夏草」より数段安価な 超高純度ベータグルカンこそが時代の趨勢なのです。

 

<Keywords: とうちゅうかそう、済州島産、冬虫夏草>

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ