βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
酵母エキス と βグルカン

「酵母エキス」と銘打った食品の分類があります。 露出の多いものは広告の多い健康食品ですが、 加工食品への添加物としても広く使われています。

文字通り「酵母エキス」の原料は酵母="菌"です。 ビール酵母、パン酵母 などの酵母菌を培養し、菌の中の成分を様々な製法で抽出した製品です。

「エキス」と聞くと良い成分だけが濃縮されたようなイメージを抱きますが、 目的と製品によって成分の種類が違えば、濃度も違うのです。

実は日常で最も接する機会が多いのは、 用途としては加工食品に加えられる「酵母エキス」です。 主に「旨味」や「風味」を付加するために、加えられることが多いようです。 ここで「食品添加物」の悪いイメージが先行しがちですが、 「酵母エキス」は法律上は「食品」として扱われます。 少なくとも化学合成した化学調味料とは一線が引かれ、 「天然」「自然」の旨味調味料と見做されています。

一方で、「酵母エキス」に分類される健康食品は、 ビール酵母サプリメントを初め、パン酵母ベータグルカン、 黒酵母エキスなどが多く出回っています。 (黒酵母の場合は、製品内の98%が水なのでエキスと呼ぶのは難しい..)

「酵母エキス」の健康食品に重要なのは、 酵母の中から抽出されるβグルカン(ベータグルカン)という成分です。 「酵母エキス」に謳われる機能性の大部分は、このβグルカンという成分のなせる業。 残るその他の成分は、ビタミンやミネラル豊富と宣伝されるものの、 βグルカンにとっては不純物となります。 ビタミン、ミネラル等の栄養は、通常の食材にも多く含まれているので、 わざわざ高価なβグルカン健康食品から摂る必然は無いのです。

つまりは、「健康食品として優れた酵母エキス」は、 いかにβグルカンだけを抽出して濃度を高めているかが優劣の尺度と言えます。 βグルカン以外の成分を削ぎ落とすことで、 βグルカンの機能性が最大化されます。

この点において、現在に最もβグルカンの成分濃度が高い健康食品は、 パン酵母抽出の酵母エキスです。

現代最高レベルの抽出技術によれば、 パン酵母から抽出される酵母エキスは、製品としての粉末状態で85%以上のβグルカン濃度となっています。

「酵母エキス」の健康食品を選ぶなら、「パン酵母抽出のβグルカン」を選ぶのが現代では最善なのです。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペット用βグルカンとの比較

超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は、人間用の世界最高純度のβグルカン健康食品ですが、犬や猫などのペットにも流用が可能です。(草食動物を除く!)

むしろ、βグルカン健康食品を買ってさえも、人間のように最高効率でβグルカンを摂取できないペット達=イヌやネコにこそ 高純度=高効率のβグルカンが必要であると言えます。

ペットが家族の一員のように大切になっていく世情につれ、ペット用の健康食品が数多く流通販売されるようになってきています。しかし、「ペット用、ぺっと専用」と銘打った商品の多くは、人間用商品の劣化版であることが殆どで、品質が落とされていることが多いのです。
ペット用健康食品には成分表示が少なく、重要なはずの機能性成分の分析表記が省略されていたり、酷いものでは内容成分の表記が無い商品もあるようです。
購入に際しての比較では、含まれている成分と販売価格をキチンと比べることが重要です。
可愛らしいラベルやパッケージには何の機能も期待できないのですから。

必要以上に高価なものを与えることは推奨しませんが、
せめて内容成分が明記してある健康食品を与えることを強くお勧めします。

大切なワンちゃん、ネコちゃん にこそ、
高純度品・高効率品の健康食品・サプリメントが最善にして必須の選択なのです。


<Keywords: ペット、ペット用グルカン水ペット用健康食品、ペット用サプリメント、パン酵母ベータグルカン

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬虫夏草とのβグルカン比較

冬虫夏草」と『オルタスβグルカン85』は、原料こそ異なるものの、 機能性成分がβグルカン(ベータグルカン)である健康食品であるという点は、共通しています。 いわゆる"βグルカン健康食品"に分類される健康食品の内容=品質の違いは、 βグルカン量の大小=純度の違いです。 つまり、βグルカンの多い製品が優れた製品となります。

冬虫夏草」の製品内容では、 肝心のβグルカンは10〜20%程度のようです。 この純度は、価格が高い「済州島」産の「冬虫夏草」でも、大差はありません。 一方、『オルタスβグルカン85』には、 「冬虫夏草」の数倍となる85%以上ものβグルカンが含まれています。 つまり、同じ量を食しても「冬虫夏草」の数倍の効率でβグルカンが摂取できるのが、 超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の最大の特徴と言えます。 パン酵母ベータグルカンだけに許された高純度の恩恵です。

冬虫夏草」健康食品の高価格は、悪しき伝統が原因でしょう。 一昔前の過去には、βグルカンという希少な成分を獲るには、 希少なキノコ原料からしか抽出できないために異常に高価だった過去の時代の名残りです。 現代では、『オルタスβグルカン85』のように、 パン酵母から高純度かつ安価に抽出が可能になっており、 高額で非効率なキノコを大量に食する必要は無くなりました。 つまり、「冬虫夏草」が『オルタスβグルカン85』に勝る点は無いのです。

アジアでは、 まだ「冬虫夏草」や「ハナビラタケ」のようなキノコ健康食品が残っており、多く流通しています。 違法で派手な"奇跡的な広告"で、低品質のキノコを高額販売する手法は、早晩衰退するでしょう。 世界的には、インターネットの普及に伴った情報化で、 サプリメントの目的と成分評価が非常に進展しました。 その結果、キノコ健康食品は衰退傾向が顕著であり、 『オルタスβグルカン85』のような高純度パン酵母βグルカンへの置き換え が進んでいます。

今現在、「冬虫夏草」を選ぶ理由は希薄です。 「冬虫夏草」より遥かに高品質で、「冬虫夏草」より数段安価な 超高純度ベータグルカンこそが時代の趨勢なのです。

 

<Keywords: とうちゅうかそう、済州島産、冬虫夏草>

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカン健康食品の質と摂取適量とは?

βグルカン(ベータグルカン)を機能性成分とする健康食品は数千、数万種類が販売されているものの、 商品の購入後に多くの人がβグルカン(ベータグルカン)を どのくらいの量飲めばいいのか解らないと述べられます。

商品に明記できない 薬事法上の制限もさることながら、答えは「一律一定量ではなく、個々人の体調・体質で大きく異なる」 が正解です。しかし、悪質な健康食品販売店の影響で大量購入・過剰摂取の被害や相談が後を絶ちません。

「沢山飲んだ方がイイ」、「多く飲む方が良いこと」だと、 大量購入を強く勧める販売店は、悪質性を疑うべきです。 高額商品の大量摂取が薦められるような製品は間違いなくβグルカン(ベータグ ルカン)の質が低い商品です。逆に販売価格は、悪質商品・悪質販 売店であるほどに高額になることが多いので注意が必要です。

「飲めるだけ飲む」「摂れるだけ摂る」と推奨される健康食品など 存在するはずも無いのです。本来、健康食品は通常食の補助であり、 通常の食事だけでは不足するか、もしくは摂取が困難な成分を摂取することが目的です。
通常食の食欲が減退するほどの大量摂取、もしくは通常食が食べられないほどの大量の健康食品は、栄養バランスの崩壊から健康を害する可能性が高いとことを認識されるべきでしょう。その意味で、キノコ(ハナビラタケ,はなびらたけ)原料の健康食品に多い、増強食や強化食と称する粗悪品の過剰摂取は、原始的で非効率なのです。

補助的な食品であるべき健康食品では、「質の良いものを少量だけ摂る」べきなのです。

「βグルカン」という成分は通常食の中からは殆ど摂取できません。
ましてや最重要成分のベータ1,3Dグルカンは、キノコにさえ殆ど含まれていないために、
現代人は健康食品やサプリメントからでしか、ベータ1・3Dグルカンを摂取できないのです。

非常に高純度に精製されたβグルカン(ベータグルカン)であれば、 大量に摂取しなくとも、少量を摂取するだけで、 十分な量のβグルカンが摂取できます。 しかもパン酵母ベータグルカンならば、その高品質なβグルカンは、最重要成分であるベータ1,3Dグルカンが殆ど なのですから、まさに効率的な少量摂取が可能な健康食品なのです。

これが、超高純度ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』の推奨摂取量が、非常に 少量である理由です。

世界最高品質のβグルカンは、85%以上という非常に高いベータグルカン純度であるために、 最少量でも十分な質と量のβグルカンを摂取できます。そのため、 過剰摂取は不要であり、むしろ飲み過ぎを回避することが推奨されています。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の適量は、一日に1粒もしくは2粒でも予防的な取り組みには十分とされています。明確な目的を持った人にさえ1日に4〜6粒程度を上限としており、それ以上の摂取は推奨していません。

実は、質の良いβグルカンほど、摂取効率が高く、
結果的に費用も少なく済むのが知られざる実情なのです。

高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は、 世界最高のベータグルカン純度を、 最小の費用で入手でき、最高効率のβグルカン摂取を可能にしてくれます。

 

 

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベータ1・3Dグルカン ?

ベータ1・3Dグルカン とは、「べーた いち てん さん でぃー ぐるかん」と読みます。

βグルカン(ベータグルカン)という成分が話題になることは多いのですが、ベータ1・3Dグルカンはβグルカンの一種であり、健康食品やサプリメントの主成分としては、最も重要な成分なのです。健康食品に詳しい人なら、βグルカン=ベータ1・3Dグルカン と解釈しているでしょう。

化学的には「ベータ1,3Dグルカン」記述されるのが正しいのですが、なぜだか解説書籍の多くで「ベータ1・3Dグルカン」表記されることも多いようです。

その他にも、β-(1→3)-D-グルカンβ(1,3)グルカン、β1,3Dグルカン 等々、少しづつ表記法があります。全て同じ成分である「ベータ1,3Dグルカン」を指します。

もしも、「ベータ1,3Dグルカン」を効率的に摂取するには単純なキノコβグルカンのサプリメントでは効率が悪すぎるのが問題です。効率よく「ベータ1,3Dグルカン」を摂取するなら世界最高水準の品質のベータグルカン健康食品『オルタスβグルカン85』が最高の品質の「ベータ1,3Dグルカン」で国内販売されています。

 

JUGEMテーマ:健康
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカン健康食品の目的

βグルカン健康食品を食べる目的は、唯一「βグルカン(ベータグルカン)」という成分を体内に取り込むことです。

βグルカンというを成分をなるべく多く体内へ吸収するためには、単純になるべく多くのβグルカン健康食品を食することが一つの方法です。昔ながらのキノコを原料としたβグルカン健康食品が、なるべく多く食するように勧められることが多いのは一つの理由です。

しかし、これには2つの大きな問題が生じます。
ひとつは、胃の容量の問題です。普通の人間でも食事の量は当然に上限があるはずなのに、ましてや体調を崩している人は食が細っていることが大半でしょう。通常食の栄養と併せてのβグルカンのはずが、満腹になるまでキノコを食べる?にしても限度があるべきです。

キノコを乾燥粉末にしてさえも、その量・嵩は莫大にならざるをえない食品です。これによってキノコだけで満腹になってしまうような食生活は、総合的な栄養面から避けるべきである明白でしょう。

もう一つの問題は、満腹もしくはそれに近いほどに大量のβグルカン・キノコを購入するには大金が必要だという費用の問題。
βグルカンが豊富だとされているキノコは、共通して非常に高価な価格です。高いほどに効きそうだという迷信に支配されていると形容することもできるほどです。
最近に流行しているβグルカンキノコとしては、ハナビラタケやはたけシメジ、古くはアガリクスマイタケ(MDフラクション)、チャーガ(カバノアナタケ)などがあるが、どれもこれも健康食品となると法外は価格で3〜5万円もの高額品となります。悪質な販売店に騙された場合には、毎月20万円以上を請求されるさえ珍しいことではないのです。このような大金を毎月払い続けられる家庭は多くは無いでしょう。もしも無理をしてハナビラタケなどを購入し続けた場合には経済的な困窮で別の病気のリスクが増大します。ここでの最大の問題は、異様に高額なキノコ健康食品ほど品質が低いという矛盾なのですが、公表されることは少ないのです。

上記2つの問題を解決するには、少ない量で効率的にβグルカンを摂取できる安いβグルカン健康食品が理想的です。その条件に見事に合致したのが、最近に欧米で脚光を浴びている「パン酵母βグルカン」というサプリメント健康食品です。人類が慣れ親しんだ有名なイースト菌から高純度にβグルカンを抽出する技術が開発されたことが、飛躍的な普及に繋がりました。
平均的なパン酵母抽出のβグルカンでさえも、100gあたり60gを超えるβグルカンが成分として含まれています。さらに高品質品のパン酵母βグルカンになると100gあたりのβグルカンは85g以上も含まれています。この数値から旧来のキノコ健康食品との優劣は明白で、キノコ健康食品の非効率さが際立ったのです。

少ない量で効率的にβグルカンを摂取するには、一定量あたりのβグルカン量が多い健康食品を探すことに尽きます。
具体的には100gのキノコ,乾燥ハナビラタケなどを食しても体内に入るβグルカンは30〜40g程度に過ぎませんが、パン酵母βグルカンなら85g以上もβグルカンが含まれているのですから量だけで2倍以上。つまり、最高級とさえれいるハナビラタケメシマコブなどのキノコ健康食品の2倍以上の効率でβグルカンが摂取できます。さらにはキノコに含まれる不純物がβグルカンの機能性を阻害することを考慮すると、その効率の差は数倍以上に開くことは明白なのです。

纏めるとパン酵母βグルカン健康食品は、ハナビラタケなどの旧来のキノコ健康食品と比べて、少なくとも数倍、大きい場合には数十倍の効率でβグルカンを摂取できるのです。

忘れてはならないのは費用の問題でしょう。
効率が数倍になっても、金額も数倍になるようでは困ります。
当初のパン酵母βグルカンも前の懸念のとおり非常に高価で、一部のお金持ちだけのサプリメントだったものです。
日本でも、パン酵母βグルカンはキノコ健康食品を超える超高級健康食品として紹介されたのが、始まりで今でも1本6万円!の商品が大量に流通している商品です。
しかし、パン酵母βグルカンが既に普及期を迎えている海外で事情は異なります。パン酵母βグルカンが高級サプリメントだったのは1990年代までで、今では1本1万円程度で購入できる程に低価格化が進みました。

日本も遅れること10年以上ですが、ついに1万円を下回る高純度パン酵母βグルカンの時代が訪れました。海外との価格差を解消した国際標準価格を実現したのが『オルタスβグルカン85』が開発・発売されたからです。『オルタスβグルカン85』の品質は、市販されているβグルカン健康食品の中でも世界最高水準のβグルカン85%以上が保証されていることが特筆されます。これほどの高品質にもかかわらず、販売価格が1万円以下と設定されいることは、賞賛に値するでしょう。世界品質のβグルカンを世界標準の価格で販売する試みは、日本のβグルカン健康食品への新風と言えます。

考えるべきはβグルカンの効率。
比べるべきはβグルカンの効率(=純度)とバランスする価格。
ようやく日本でもβグルカンの純度が重要視される時代が来たのです。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
水溶性βグルカンの正体と品質

水溶性βグルカンの嘘 (1)

栄養は水分に溶け込むことで体に吸収される。だからβグルカンも水に溶けている方が吸収しやすい。」などという間違った俗説が蔓延しています。多くは黒酵母βグルカン(黒酵母エキス)の悪質販売店の誇大広告が原因です。挙句の果てには「パン酵母βグルカンは吸収し難い」などという、根拠も, 科学的な裏付けも無い自論まで行き着く始末です。もはや妄言としか呼びようがありません。

栄養学や生理学の原理原則に即すると悪質な黒酵母販売店の発言が、妄言に過ぎないことは明白です。「水溶性βグルカン」などという低質な商品を売るための"誇大広告"が間違いを通り越して詐欺まがいであることは、少し調べれば簡単に判明します。しかし、悪質な販売店が場所を変え、言葉を変え、多くの媒体で繰り返し、繰り返し、"妄言"流布することで、「水溶性βグルカン」などという極めて低品質な商品を「良いβグルカン」と勘違いしてしまうことも多いのが問題なのです。それこそが、彼らが目論む誤解なのですから、引っかかってしまう方も多いようです。

ここでは、βグルカンの体内吸収のメカニズムを理解することで、いかに「水溶性βグルカン」という呼び方が非科学的で、無意味なもものであるかが浮き彫りとなります。

そもそも栄養素は、それぞれの性質によって体内へ吸収される経路が違います。栄養には水に溶けることで体内へ吸収される栄養もあれば、油に溶けることで体内へ吸収される栄養もあり、さらには水も油も介在しないで特殊なタンパク質(キャリアプロテイン)を媒介することで体内へ吸収される栄養もあるのです。このように栄養は、体内へ吸収される経路によって3種類に分類できます。

まず、水に溶けることで体内へ吸収される栄養素の代表格はビタミンCでしょう。その他に水溶性の栄養素は、ビタミンはビタミンB1, B2, Hなどがあります。

一方、油に溶けることで体内に吸収される栄養素は、ビタミンA, Dなどの他に、ビタミン Eなどが挙げられます。

ここで、注目の栄養素であるβグルカン(ベータグルカン)が体内に吸収される経路には、水も油も介在しません。つまり、
βグルカンが体内へ吸収される経路は、上記の3番目の吸収経路から、水も油も使わずに体内へ吸収されます。具体的には、βグルカンが小腸まで辿り付いた時に、小腸壁のM細胞という器官でマクロファージという免疫細胞に接触し吸収されるのです。言い換えると「βグルカンはマクロファージに捕食される」と表現される現象で体内へ吸収されるのです。ここでは、接触できるかどうかは重要ですが、そこには水に溶けているかどうかという、要素は存在しません。海外で絶大な実績を挙げているパン酵母βグルカンは、全てこれらの経路で吸収されることが実験研究で明らかになっているのです。

βグルカンに必要な水分は、βグルカン分子を小腸までスムーズに流し届ける流動性だけです。そしてそれは、コップに半分から1杯の水で十分な量なのです。このことから、粉末のβグルカンを水に溶いただけの「水溶性βグルカン」には何ら意味も機能性も無いことが解ります。

上記のように特殊な吸収経路を辿るβグルカンだからこそ、摂取した全てのβグルカンを体内へ吸収することは難しいと見られています。
そのために、なるべく多くのβグルカンをマクロファージに捕食させるには、なるべく良質のβグルカンを、なるべく多く経口摂取することが必要なのです。その目的のみに特化し、成果を挙げているからこそ世界中でパン酵母βグルカンが脚光を浴びているのです。

黒酵母βグルカン(黒酵母エキス)のように、成分の殆どが水分で肝心のβグルカンが微少量の低質品では、βグルカンが殆ど吸収されないリスクさえあると見るのが妥当でしょう。
このような本質を調べると「水溶性ベータグルカン」という存在しない化学物性を連呼する悪質な商品は、避けるのが賢明であると多くの方が理解されることでしょう。

今、世界で実績を上げ、評価が定着しつつある高純度βグルカンは、高純度化が可能な「パン酵母βグルカン」です。
本来は成分名であるはずの、
βグルカンサプリメントの代名詞は、今では高純度パン酵母βグルカンに置き換わっています。その信頼性の高さは、世界中の研究者が「パン酵母βグルカンの機能性」に着目し、その研究の報告論文が6000件を超える実績となっていることから判断されます。ちなみに「水溶性βグルカン」などという非科学的な物質は、論文として成立さえしないのが現実です。

世界最高の高品質パン酵母βグルカンオルタスβグルカン85』は、世界の最先端サプリメントと言えます。


KeyWords:βdグルカン, BDグルカン, βーd-グルカン

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイタケ成分のβグルカンとは?

各分野で古くから活躍する専門家を招き知識を披露してもらうテレビ番組、となりのマエストロ(TBS系日曜 夜10時〜)で「健康Upキノコのランキング」が紹介されました。

キノコは世界中では10000種類が以上は確認されていて、日本にも約2000種前後が自生し、食用になるものが約300種だそうです。
その数多く古くから親しまれているキノコの中で、健康アップキノコの第1位とされたのが、食卓でお馴染みの「マイタケ(舞茸)」でした。

マイタケ=舞茸の名前の由来は「見つけると舞い上がるほど嬉しいキノコだったから」、味が良く、健康にも良い、優れたキノコだったのです。

そしてマイタケの健康アップの仕組みが詳しく解説されることになり、機能性成分「βグルカン(ベータグルカン)」がクローズアップされました。βグルカンが小腸で吸収された後からの体内での良い影響が、解りやすいアニメーションになっていたので、とても解かり易い内容でした。

その後、マイタケを食材として食べる以外に、よりβグルカンを大量に効率良く摂取する方法として、マイタケから抽出される「MDフラクション」が紹介されたのです。
しかし、番組中では「MDフラクション」が、まるで成分の名前かのような間違ったテロップが。本当は「MDフラクション」とは化学成分や成分名称ではなく、製品の商品名です。言い換えると「MDフラクション」は「ベータグルカン入りのマイタケエキスの名前」なのです。

マイタケを長年研究してきた大学の先生の解説によると、多種多様なあらゆるキノコを集め、実験してみた結果として、舞茸の「βグルカン(ベータグルカン)」の量がずば抜けて多かったことを紹介していました。しかし、本当はこの解説には大きな誤りと落とし穴が有ります。キノコの専門家ゆえにキノコにしか目が行かなかったのです。現代ではキノコ以上に高い効率で良い品質のβグルカンを抽出できる原材料は、多く発見されています。つまり、神話のようなキノコ信奉から脱却していない研究は、古文書の域まで古い研究に成り下がっているのが現状です。正しくは、「マイタケはキノコの中ではβグルカンが多いとされてきたが、1980年代以降にはさらに高い純度のβグルカンを酵母から抽出する技術が確立された。」です。

マイタケから抽出されたβグルカエキスは、1980年代に欧米でも「免疫サプリメント」としても流行しました。しかし、それは一過性の流行で終わったしまったのは、同時期にパン酵母からのβグルカン抽出技術が飛躍的に進歩したことで、圧倒的に高純度化された「パン酵母抽出のベータグルカン」が脚光を浴び始めたからです。
その品質は今日まで開きこそすれ、縮まることはありません。
マイタケエキスである、マイタケ

MDフラクション

」のβグルカンの含有率は30〜40%前後と推定される一方で、精製技術が進歩したパン酵母ベータグルカンのベータグルカン含有率は当初でも60前後。近年では、ついに85%以上の高純度化が実現されているのが、現代のβグルカン健康食品のスペックです。マイタケエキスの2倍以上のβグルカン品質が達成されたのですから、もはや舞茸エキスを選ぶ理由は無く、合理主義の欧米では激しい勢いで「パン酵母ベータグルカン」が広まりました。過去には「βグルカンが多い」と宣伝していたマイタケMDフラクション」が現在ではβグルカン含有量の表記を消去したのは、この圧倒的な品質差が原因なのです。マイタケエキス販売は過去の論文に基づいた古い情報の再利用に拠って立っているのが実情です。

食材としての味覚を楽しむなら「マイタケ」を食することは、非常に有意義な選択で味、栄養ともに素晴らしいパフォーマンスです。
しかし、特殊な境遇下に置かれた人間がβグルカンという特定の栄養素摂取という明確な目的を持つ場合には、違う判断をする必要があります。その際のマイタケ食材はもとよりマイタケ健康食品さえも非効率な過去の遺物と捉えるべきでしょう。
現代人としては、βグルカンを最高効率で摂取する方策として「パン酵母抽出のベータグルカン」を選ぶのが最善策です。

最高品質の高純度パン酵母βグルカンを摂取することは、マイタケ健康食品の数倍の効率でベータグルカンを摂取することを意味します。身体への影響度は不純物の阻害要因も加味すると、βグルカンの含有率以上に効率の差が大きくなります。
それを証明してくれているのが60年を超える高純度ベータグルカンの歴史と、その間に世界中で発表された6000件以上の研究論文です。

現代のβグルカンの頂点を極めた高純度パン酵母βグルカンは、
オルタスβグルカン85』として、お求め頂くことが可能となっています。世界が認めた、高品質βグルカンを次は貴方がお試し下さい。


KeyWords: まい茸 まいたけエキス βグルガン mdフラクション MXフラクション Dフラクション ベータグルガン

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
パン酵母グルコポリサッカライドとは (1)

新しいβグルカン健康食品として「パン酵母グルコポリサッカライド」なる商品が盛んに宣伝されています。しかし、「パン酵母グルコポリサッカライド」の内実は、「パン酵母βグルカン」の別称でしかありません。パン酵母(イースト菌)の細胞壁から抽出、精製したβグルカンは、一般的には「パン酵母βグルカン」「パン酵母抽出物」と呼ばれています。パン酵母βグルカンは、1940年代の開発以来、世界中で60年以上もの素晴らしい実績に裏打ちされた健康食品です。日本で紹介されてからは約10年の実績ながら、非常に多くの成果が得られています。この「パン酵母βグルカン」を別名で呼ぶことで新製品のような間違った印象与えているのが、「パン酵母グルコポリサッカライド」と自称している健康食品です。

パン酵母グルコポリサッカライド」の中身はパン酵母βグルカンなので、「パン酵母グルコポリサッカライド」の性質もパン酵母βグルカンの性質と全く同じ。異なるのは製品品質としてのβグルカンの質と量です。

パン酵母βグルカン」の比較で重要なことは、第一にβグルカンの量。それからβグルカンの中のβ1,3Dグルカン構成率です。いづれも数値の高い方が優れたβグルカンであり、価格も比例して高くなります。安いβグルカンにはβグルカンが少ない、もしくはβグルカンの質が悪いのです。

最高の高純度のβグルカンを摂取することができるパン酵母βグルカンは、日本国内では価格が高価過ぎるために利用できる患者は多くはない状況です。安く高品質なパン酵母ベータグルカンがあったなら普及が進むと予想されていたものの、高価格の問題は厳しいものでした。そのためパン酵母の利用はごく限られた高額所得者だけに限定されパン酵母βグルカンの普及が遅れているため、ますます低品質なキノコ原料の健康食品(ハナビラタケ、チャーガ、アガリクスマイタケetc)が蔓延しているのでした。

パン酵母グルコポリサッカライド」は新しい健康食品ではありませんが、古典的なキノコ原料の健康食品に比べると比較的優良な商品であることは間違いないでしょう。しかし、パン酵母βグルカン健康食品としての評価となると、低純度βグルカン=普及品質としては高額だと評価されるのではないでしょうか。

本当に世界で評価されているパン酵母βグルカンとは、高純度βグルカンです。残念ながら「パン酵母グルコポリサッカライド」と称する商品のβグルカンは高純度品とは呼べないレベルなのです。

世界で評価研究されている高純度βグルカンを世界品質のままに普及価格を実現したβグルカン健康食品。日本中が待ち望んでいた高純度βグルカンの決定版が『オルタスβグルカン85』。

オルタスβグルカン85』の品質こそが世界最高にして世界標準なのです。βグルカンは85%以上で、もっとも重要な機能性成分のベータ1,3Dグルカン構成率は95%以上という驚愕の品質は、現状市販されているβグルカン健康食品・サプリメントとしても世界最高レベルの品質です。

世界品質の高品質・低価格の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』こそが、新しい価値観の新商品なのです。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 12:37 | comments(1) | trackbacks(0) |
β(ベータ)グルカン、乳酸菌と新型インフルエンザ

β(ベータ)グルカンと乳酸菌をマウスに与えインフルエンザウイルスへの影響を計る実験が北海道大学によって実施され、その驚くべき結果が発表されました。実験の結果は新聞各社が伝えています。

 


時事通信

「インフルエンザに特効」=多糖類と乳酸菌の摂取で−北大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009120300389

北海道新聞

βグルカン」+乳酸菌 新インフル予防に「効果」 北大、動物実験で確認
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/influenza/203416.html

毎日新聞

新型インフルエンザ:乳酸菌など効果−−北大教授研究
http://mainichi.jp/select/science/news/20091204dde041040092000c.html

読売新聞

βグルカンと乳酸菌でインフル重症化防止…宮崎・北大教授ら
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20091203-OYO8T00882.htm

47News

北大、新インフルに有効物質発見 マウス使った動物実験で
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120301000211.html


 


βグルカンの機能性に期待が膨らむ素晴らしい実験結果ですが、実はこの実験は、一般家庭でも簡単に再現が可能です。
まず、乳酸菌に関しては健康食品を利用しなくても、高品質の乳酸菌が入ったヨーグルトは多くのスーパーや食料品店で簡単に入手することが可能でしょう。
残るは「βグルカン」と呼ばれる成分ですが、この成分は一般食品には殆ど含まれていないので、まとまった量を摂取するには健康食品やサプリメントの購入が必要です。

ところでβグルカンは、キノコを原料とする健康食品の多くに含まれていることで有名となった成分です。しかし、実はキノコを原料とする健康食品は怪しいばかりでなく、品質に比して割高なことが多く、残念な製品が多い分野なのです。

では、βグルカンを健康食品やサプリメントから効率的に取る方法は無いのでしょうか?

答えは、パン酵母抽出のベータグルカンです。


最近は日本でも品質の良いパン酵母βグルカンが販売され始めました。βグルカンの純度によって値段の大小はありますが、総じて60〜85%に及ぶような非常に質の高いβグルカンが提供されています。(極端に高い90%以上を宣伝しているような商品は避けるべき!)

βグルカンの純度が高いパン酵母βグルカンとヨーグルトを買い置きしておくことで、「備えあれば憂い無し」とできるでしょう。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ