βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< 「βグルカン」の間違った利用法 | main | βグルカンは、「量」で選ぶか、「質」で選ぶか。 >>
グルコポリサッカライドの比較法とは?

「グルコポリサッカライド」とは、「βグルカン(ベータグルカン)」という機能性成分の別の呼び方に過ぎません。

もともと「βグルカン(ベータグルカン)」という機能性成分の名前、呼び方の方が一般的なのですが、既に普及している「パン酵母βグルカン(ベータグルカン)」という製品を成分の呼び方を変えるだけで「新製品!」と宣伝している製品が一部にあるのです。

確かに、グルコポリサッカライド(=βグルカン(ベータグルカン))は、歴史が長く、実績も多い機能性成分です。βグルカン(ベータグルカン)=グルコポリサッカライドを主成分とする健康食品は、キノコを原料とする製品を代表として、多く存在し、多くの人々に利用されてきました。

2000年以降はβグルカン(ベータグルカン)=グルコポリサッカライドという成分を、より効率的に、より高純度に摂取することに重きが置かれ始めたのです。そのため、昔ながらのキノコではなく、もっと品質が良く、もっと効率的にグルコポリサッカライド(=βグルカン)を食するための研究が進められました。結果として、キノコからグルコポリサッカライドを抽出するよりも数十倍の効率で良質のグルコポリサッカライドを抽出できる原料と抽出方法が開発されたのです。その製品こそが、パン酵母グルコポリサッカライド、つまりはパン酵母グルコポリサッカライドです。

「高純度グルコポリサッカライド」であるパン酵母を原料として抽出される高純度ベータグルカンは、非常に純度が高く品質も優れているために、旧来のまやかしのキノコ健康食品を駆逐して、瞬く間に普及が進みました。

高純度パン酵母グルコポリサッカライドとはつまりは「パン酵母ベータグルカン」のことなので、グルコポリサッカライドを摂取できる製品を選ぶ際には、「べータグルカン(βグルカン)」という機能性成分に着目して選ぶのが最も大事な要点となります。つまり、なるべくべータグルカン(=グルコポリサッカライド)の純度高く、なるべくべータグルカン(=グルコポリサッカライド)が多く含まれている製品を選ぶことが、機能性を高める製品選びとなるわけです。

高純度グルコポリサッカライドの代表と言えるパン酵母グルコポリサッカライドは、「高純度パン酵母ベータグルカン」として85%以上の超高純度品の普及が進んでいるので、容易に購入することができます。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/994468

このページの先頭へ