βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< βグルカン健康食品の質と摂取適量とは? | main | ペット用βグルカンとの比較 >>
冬虫夏草とのβグルカン比較

冬虫夏草」と『オルタスβグルカン85』は、原料こそ異なるものの、 機能性成分がβグルカン(ベータグルカン)である健康食品であるという点は、共通しています。 いわゆる"βグルカン健康食品"に分類される健康食品の内容=品質の違いは、 βグルカン量の大小=純度の違いです。 つまり、βグルカンの多い製品が優れた製品となります。

冬虫夏草」の製品内容では、 肝心のβグルカンは10〜20%程度のようです。 この純度は、価格が高い「済州島」産の「冬虫夏草」でも、大差はありません。 一方、『オルタスβグルカン85』には、 「冬虫夏草」の数倍となる85%以上ものβグルカンが含まれています。 つまり、同じ量を食しても「冬虫夏草」の数倍の効率でβグルカンが摂取できるのが、 超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の最大の特徴と言えます。 パン酵母ベータグルカンだけに許された高純度の恩恵です。

冬虫夏草」健康食品の高価格は、悪しき伝統が原因でしょう。 一昔前の過去には、βグルカンという希少な成分を獲るには、 希少なキノコ原料からしか抽出できないために異常に高価だった過去の時代の名残りです。 現代では、『オルタスβグルカン85』のように、 パン酵母から高純度かつ安価に抽出が可能になっており、 高額で非効率なキノコを大量に食する必要は無くなりました。 つまり、「冬虫夏草」が『オルタスβグルカン85』に勝る点は無いのです。

アジアでは、 まだ「冬虫夏草」や「ハナビラタケ」のようなキノコ健康食品が残っており、多く流通しています。 違法で派手な"奇跡的な広告"で、低品質のキノコを高額販売する手法は、早晩衰退するでしょう。 世界的には、インターネットの普及に伴った情報化で、 サプリメントの目的と成分評価が非常に進展しました。 その結果、キノコ健康食品は衰退傾向が顕著であり、 『オルタスβグルカン85』のような高純度パン酵母βグルカンへの置き換え が進んでいます。

今現在、「冬虫夏草」を選ぶ理由は希薄です。 「冬虫夏草」より遥かに高品質で、「冬虫夏草」より数段安価な 超高純度ベータグルカンこそが時代の趨勢なのです。


<Keywords: とうちゅうかそう、済州島産、冬虫夏草>

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/994458

このページの先頭へ