βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< ベータ1・3Dグルカン ? | main | 冬虫夏草とのβグルカン比較 >>
βグルカン健康食品の質と摂取適量とは?
βグルカン(ベータグルカン)を機能性成分とする健康食品は数千、数万種類が販売されているものの、 商品の購入後に多くの人がβグルカン(ベータグルカン)を どのくらいの量飲めばいいのか解らないと述べられます。

商品に明記できない 薬事法上の制限もさることながら、答えは「一律一定量ではなく、個々人の体調・体質で大きく異なる」 が正解です。しかし、悪質な健康食品販売店の影響で大量購入・過剰摂取の被害や相談が後を絶ちません。

「沢山飲んだ方がイイ」、「多く飲む方が良いこと」だと、 大量購入を強く勧める販売店は、悪質性を疑うべきです。 高額商品の大量摂取が薦められるような製品は間違いなくβグルカン(ベータグ ルカン)の質が低い商品です。逆に販売価格は、悪質商品・悪質販 売店であるほどに高額になることが多いので注意が必要です。

「飲めるだけ飲む」「摂れるだけ摂る」と推奨される健康食品など 存在するはずも無いのです。本来、健康食品は通常食の補助であり、 通常の食事だけでは不足するか、もしくは摂取が困難な成分を摂取することが目的です。
通常食の食欲が減退するほどの大量摂取、もしくは通常食が食べられないほどの大量の健康食品は、栄養バランスの崩壊から健康を害する可能性が高いとことを認識されるべきでしょう。その意味で、キノコ(ハナビラタケ,はなびらたけ)原料の健康食品に多い、増強食や強化食と称する粗悪品の過剰摂取は、原始的で非効率なのです。

補助的な食品であるべき健康食品では、「質の良いものを少量だけ摂る」べきなのです。

「βグルカン」という成分は通常食の中からは殆ど摂取できません。
ましてや最重要成分のベータ1,3Dグルカンは、キノコにさえ殆ど含まれていないために、
現代人は健康食品やサプリメントからでしか、ベータ1・3Dグルカンを摂取できないのです。

非常に高純度に精製されたβグルカン(ベータグルカン)であれば、 大量に摂取しなくとも、少量を摂取するだけで、 十分な量のβグルカンが摂取できます。 しかもパン酵母ベータグルカンならば、その高品質なβグルカンは、最重要成分であるベータ1,3Dグルカンが殆ど なのですから、まさに効率的な少量摂取が可能な健康食品なのです。

これが、超高純度ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』の推奨摂取量が、非常に 少量である理由です。

世界最高品質のβグルカン
は、85%以上という非常に高いベータグルカン純度であるために、 最少量でも十分な質と量のβグルカンを摂取できます。そのため、 過剰摂取は不要であり、むしろ飲み過ぎを回避することが推奨されています。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の適量は、一日に1粒もしくは2粒でも予防的な取り組みには十分とされています。明確な目的を持った人にさえ1日に4〜6粒程度を上限としており、それ以上の摂取は推奨していません。

実は、質の良いβグルカンほど、摂取効率が高く、
結果的に費用も少なく済むのが知られざる実情なのです。

高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は、 世界最高のベータグルカン純度を、 最小の費用で入手でき、最高効率のβグルカン摂取を可能にしてくれます。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/994457

このページの先頭へ