βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< β(ベータ)グルカン、乳酸菌と新型インフルエンザ | main | ハナビラタケ健康食品が選ばれる理由 >>
野村監督のβグルカンとは?
楽天イーグルスの元監督、野村"監督"が「カバノアナタケ」というキノコの健康食品を愛飲していることが話題です。

カバノアナタケ
はロシアなどから輸入されているキノコで、別名チャーガとも呼ばれます。熱湯で煮出すことでチャーガ茶つまり"お茶"として飲むことが多いようですが、粉末のまま直接摂取する製品もあるそうです。ここでカバノアナタケの機能性成分がβグルカンに着目できます。
(βグルガンβ-Dグルガンなどの記載は読み間違いです)

このβグルカンは主にキノコに含まれていることで、親しまれてきた成分ですが、キノコ類に含まれるβグルカンは1,2%から多くとも3, 40%です。しかし、現代の最新健康食品では、βグルカンは85%を超える製品が開発されています。最も効率よくβグルカンを摂取する方法は、今ではキノコからパン酵母抽出のβグルカンにすっかり移行しています。
野村監督も知らない、高純度ベータグルカンは欧米では今や常識となりつつある健康食品なのです。実利と効率を重んじる欧米では、超高純度のパン酵母ベータグルカンなら、カバノアナタケ茶の数倍の効率でβグルカンを摂取できるのですから、パン酵母βグルカンは必然の選択と言えるでしょう。

野村監督は、胃がんを患った王 監督(元 ソフトバンクホークス)にもカバノアナタケの健康食品を薦めたそうなのですが、薦めるなら是非とも現代の科学の結晶『パン酵母βグルカン』を薦めたいものです。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの問題 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/934821

このページの先頭へ