βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< 水溶性βグルカンとは? | main | βグルカンの飲み方 - 味 >>
酵母エキスとは?
酵母エキス」とは、健康食品の分類上一分野であり、また商品の愛称でもあります。
「菌」と呼ぶと不潔な印象を受けるものの、「酵母」と呼ぶと不思議と体に良いいいモノとの印象が強くなります。

エキスと聞くと湿り気のある物質に圧力を掛けて搾り出したかのような印象を受けますが、酵母は10ミクロン前後と非常に微小な存在なので、雑巾を絞るようなわけにはいきません。物理的に圧力をかけるのではなく、化学的に酸やアルカリ、時には酵素を用いることで、目的となる成分を取り出して、抽出精製することで健康食品として製品化されているのです。

この「酵母エキス」と呼ばれる健康食品には、「黒酵母エキス」を筆頭に「ビール酵母エキス」、「パン酵母エキス」などが挙げられますが、これらの酵母エキスに共通している機能性成分は、βグルカンという多糖類の一種です。
つまり、原料や製法は違えども目的は同じで、いかにβグルカンという成分を多く、効率よく抽出するかによって差別化が図られているわけです。

このβグルカンは、黒酵母から作られる場合には酵母菌の体の外周に作られるため、酵母菌の培養液からβグルカンを回収します。
この後の製品化まで濃縮工程が無く殺菌消毒するだけの工程なので、最終製品に含まれるβグルカンは非常に少なく0.5〜2%前後です。この原料と製造工程から、黒酵母エキスは製品名として黒酵母培養液や黒酵母βグルカンと呼ばれるのです。

一方、パン酵母を原料としてβグルカンを抽出する場合には、
酵母菌の体内の奥深くにある細胞壁という部位を取り出す必要があります。この酵母菌の体内深い細胞壁はβグルカンそのもので構成されているため、非常に純度が高い60〜85%のβグルカンが抽出できるのです。
しかし、酵母の細胞壁の前にはマンナン質という硬い殻で覆われているために、マンナン質を取り除かなければ細胞壁からβグルカンを抽出することができません。この工程に非常に手間と時間が掛かることがパン酵母エキス=パン酵母βグルカンを高価にさせています。

黒酵母エキスの製造のように培養液を煮沸消毒するだけの簡略な工程であれば、βグルカンの抽出は容易であり、費用も安価に抑えられるのですが、黒酵母エキス=黒酵母βグルカンの価格は非常に高いのは不可思議な現象です。

一方のパン酵母は工程の複雑化によって、非常に高いβグルカン純度が実現されているものの、価格はさらに高価です。米国産の良質のパン酵母βグルカンは、60粒入りが6万円近い高額サプリメントとなってしまっています。

しかし、これだけ高価なパン酵母βグルカンも米国では、60〜100ドル(7000〜12000円)程度で普通に売られています。
もちろん100ドルもするサプリメントは米国でさえも高価な部類に入るのですが、日本程に法外な価格で販売されることはありません。

このパン酵母βグルカンは知る人ぞ知る高級サプリメントだったわけですが、近年日本でも徐々に知れ渡りはじめたことから、品質も価格も米国並みのパン酵母βグルカンが日本で購入できるようになりました。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/864171

このページの先頭へ