βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< βグルカンの歴史 (4) | main | βグルカンの歴史 (6) 偽装品の混乱 >>
βグルカンの歴史 (5) 普及品の登場
パン酵母由来のβグルカンは、欧米ではβグルカン健康食品の同義語となるほどに普及しています。

しかし、未だに日本では、高純度のパン酵母βグルカンは、知る人ぞ知る健康食品でしかありません。

これだけ品質に恵まれた理想的な健康食品が普及していない理由は、1990年代の初期に日本へ初めて紹介されたパン酵母βグルカンが品質以上に高額な商品として販売されていたためです。
確かにパン酵母βグルカンは海外でも高級なサプリメントと位置づけられているのですが、高価でもUS150ドル(日本円で約1万5千円)、少しβグルカン純度の低いものならばUS60ドル(約6千円)前後で広く販売されています。

しかし、日本のパン酵母βグルカンは、米国価格の数倍の高額で販売されているのです。しかも,日本で販売されているβグルカンサプリメントの原料は、殆どが米国製で、中身のβグルカンの品質も同等です。内容は実質かわらず価格だけは米国の5〜10倍という大変な内外価格差が形成・維持されていたわけです。

しかし、2000年代になるとパン酵母βグルカンの名称も拡がりを見せ始めたため、米国と同等の低価格で販売される商品も出現し始めました。
これらの普及品パン酵母βグルカンによって、富裕層だけでなく一般人でもパン酵母βグルカンを日常的に摂取することが可能となったのです。今ではβグルカン先進国の米国と同等の最高品質のβグルカン 85%以上の高純度の商品が、1本あたり1万円以下で購入できるほどに価格が低下しました。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/834088

このページの先頭へ