βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< βグルカンの歴史 (3) | main | βグルカンの歴史 (5) 普及品の登場 >>
βグルカンの歴史 (4)
βグルカンが50%以上に高純度化されたのは1990年代のパン酵母βグルカンの精製技術の進歩の成果です。

これを契機に欧米では、βグルカン健康食品としては、それまでの主流だったキノコ原料に由来する健康食品やサプリメントから、パン酵母由来のβグルカンへの切り替えが進みました。

機能性成分がβグルカンであると特定された上に、βグルカンが価格あたりで非常に安く、また高純度の副産物として不純物が少なく安全なパン酵母βグルカンは、合理的な思考をする欧米人にとって理想的なβグルカン健康食品だったのです。

欧米でのパン酵母βグルカンの反響はすぐに日本へも伝わり、
数社がパン酵母βグルカンの健康食品販売を開始しました。
しかし、残念なことに日本の健康食品市場は、非常に高価なサプリメントと位置づけられたために、1本あたりの販売価格が5,6万円を超える高級健康食品として、一部の富裕層だけが利用できる特別なサプリメントでした。

また、1990年代の日本は健康食品ブームにアガリクスブームが重なり、大袈裟な効果や虚偽の感想による誇大広告の隆盛期であったために、あまりにも正当なパン酵母βグルカンの宣伝や紹介記事は埋没するのでした。
その余韻は日本ではまだ濃く、次々と新発売されるキノコ健康食品の埋もれて、高純度のパン酵母βグルカンを知ることができる人は、余程に健康食品やサプリメントを研究した人に限られる希少な健康食品だったのです。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/832208

このページの先頭へ