βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< βグルカンの歴史 (1) | main | βグルカンの歴史 (3) >>
βグルカンの歴史 (2)
高純度のβグルカンの歴史は、1940年代のアメリカで開発されたパン酵母βグルカンから始まりました。

この当時にはβグルカンという高分子成分を特定・検出する検査技術はまだ確立されていませんでした。しかし、パン酵母=イースト菌からの抽出物の機能性に着目した研究者が商品名として「ザイモサン」と命名し、薬品として販売を開始したのでした。

このように高純度βグルカンが食用とされたのは、酵母エキスではなく薬品として販売され始めたのがβグルカンサプリメントの歴史の始まりです。これは、1941年の米国の研究者ルイス・ピルマー博士による業績です。

ところが、この1940年代のパン酵母βグルカンはまだまだ精製技術が低かったことからたんぱく質が多く残る低純度品の域のβグルカンでした。患者の体質によっては酵母アレルギーが発現する可能性があったために、ザイモサンを摂取して恩恵を受けられない患者も少なからずいたのでした。

その後、ザイモサンの中のβグルカンの機能性は多くの実験で次々と証明されたものの、精製が不十分だったザイモサン中のたんぱく質がアレルギーの原因と特定されるのは、それから40年以上の時間と数多くの研究者の努力が必要でした。

ようやく、1990年代にパン酵母からのβグルカンを抽出・精製する技術が飛躍的に進化したことで、酵母アレルギー原因であったたんぱく質が殆ど除去された製品が供給されるようになってからは、爆発的に広まっているβグルカン健康食品となりました。

現代のパン酵母抽出βグルカンはこのような歴史に裏打ちされた安全、安心な健康食品なので、副作用はもちろんのこと、酵母アレルギーの懸念も全て払拭されています。

60年以上の歴史は、パン酵母βグルカンの信頼性を何よりも雄弁に語ってくれています。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/831473

このページの先頭へ