βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< βグルカンとは (3) | main | βグルカンの歴史 (1) >>
βグルカンの種類
ブドウ糖や果糖など糖質の最小単位である単糖が多数結びついたものを多糖といい、多様な構造や種類があります。
この多糖の一つがグルカンであり、これはブドウ糖のみが結合したもの高分子で、その結合の仕方によってαとβの二種類に分けられます。

ブドウ糖の分子は、分子中の6個の炭素が骨格となっており、それぞれに1〜6の番号が付されています。
これらの炭素にそれぞれ水素や酸素の原子が結合して構成されているのがグルカンの分子です。
1番の炭素には隣りのブドウ糖と結合できる"手"が一本ついていて、その手の向きによってα型ブドウ糖とβ型ブドウ糖に区別されています。
α型ブドウ糖が1番炭素の下向きの結合手を使って隣りのブドウ糖とつながる結合様式をα-結合 (α-グルコシド結合)と呼び、
同様に、β型ブドウ糖が上向きの結合手を使ってつながる結合様式をβ-結合 (β-グルコシド結合)と呼びます。

α型ブドウ糖だけがα-結合でつながった多糖類をα-グルカン(アルファグルカン)と呼ばれ、大多数のグルカンはこのα-グルカンです。αグルカンの代表には、デンプン、デキストリン、ポリデキストロースがあります。

また、β型ブドウ糖がβ-結合でつながったもの、これがβ-グルカン(ベータグルカン)です。
単糖のブドウ糖の結合の仕方によってβ(1-4)、β(1-6)、β(1-3)、β(2-3)などに分類されるのは、多糖の構造が違うことによって物質の性質も違うことを意味しているのです。
この内、β(1-4)は紙の繊維質であるセルロースとして有名な一方、β(1-3)Dグルカンに健康食品としての機能性が認められることが研究で明らかにされました。
同様の実験は、β(1-6)Dグルカンに関しても実施されたものの、β(1-6)Dグルカンには機能性が全く無いという実験結果が出ています。

健康食品やサプリメントにβグルカンが配合されることが多くなっていますが、具体的にはβ(1-3)Dグルカンが配合されているかどうかが商品価値を左右するようです。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/828326

このページの先頭へ