βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
<< SEO-Links 4 | main | βグルカンとは (2) >>
βグルカンとは (1)
βグルカンとは、多糖類の一種であり、栄養素としては食物繊維の一種として分類されます。健康食品の成分として含まれていることが多いので、各種の宣伝で目にする機会も多いでしょう。

日常の生活でβグルカンを摂取できるのはキノコや酵母食品を通じてですが非常に微量であることから、βグルカンを大量に摂取するためには健康食品に頼ることになります。

βグルカンを含む健康食品と言えば、古くはアガリクスやメシマコブが有名になりました。また昨今ではハナビラタケやカバノアナタケ(別名チャーガ)の宣伝が多く展開されています。これらは総じてキノコを原料としている点が共通しており、キノコ系健康食品と総称されます。キノコ系健康食品としては他に、マイタケやハタケシメジ、ハナビラタケなどのキノコを原料とした健康食品が開発・販売されています。

これらの健康食品に共通するのは、大げさな広告表現に比例するβグルカンの内容量の少なさです。総じてβグルカンの内容量は製品重量の5〜20%程度の商品が殆どであり、抽出/精製工程をへている製品でも40%前後のβグルカン量です。

一方、酵母を原料とするβグルカン健康食品が注目を集めています。日本では黒酵母菌を原料としてβグルカン健康食品が「黒酵母エキス」として大々的に販売されています。黒酵母エキスとは、黒酵母菌が培養時に体外に作り出すゼリー状のβグルカンを培養液のままに殺菌して封入した健康食品です。黒酵母エキスに含まれるβグルカンは総じて、1〜2%未満です。

ところで、欧米で主流となっているβグルカン健康食品は、パン酵母から抽出したβグルカンです。パン酵母とは食用にされているイースト菌のことですが、このイースト菌の体内の一部を構成している細胞壁という部分がβグルカンを高純度で含んでいるのです。パン酵母βグルカンは、イースト菌の細胞壁からβグルカンを抽出することで60〜85%を超えるβグルカンの純度が実現されています。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://b-glucan.ortus.jp/trackback/826097

このページの先頭へ