βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
βグルカン健康食品の本物を買うには?

20年前に大流行した健康食品はアガリクス茸。最近流行の健康食品では、ハナビラタケやハタケシメジ、カバノアナタケなどの広告宣伝が多く見受けられます。健康食品の流行は宣伝の多さに比例して人為的に作られているものなのですが、これらキノコに共通する有効成分として「βグルカン(ベータグルカン)」に着目するのは 本質的には間違いではありません。

このβグルカンと いう成分はキノコの中に含まれている成分で有名になったものの、近年では パン酵母(イースト菌)や黒酵母からも生産できるようになり、新製品が数多く販売されています。中でもパン酵母を原料とした「パン酵母βグルカン」は、純度が高く効率的なために世界中でキノコ健康食品を代替しています。似たような酵母由来製品には黒酵母菌(アウレオバシジウム・プルランス)から生産される黒酵母ベータグルカンという製品が販売されていますが、内容は全く異なるので注意が必要です。

黒酵母ベータグルカンは、紹介料を目的としたマルチ商法の商材としての注目度の方が多いのは製品の質に起因しているようです。製品中の大部分である98%が水分でβグルカンはほんの2%前後しか入っていないのでは、より安くても本当に良いベータグルカン製品が沢山あることは、調べればすぐに解ります。

歴史と実績の多いβグルカン(ベータグルカン)が主成分の健康食品は、非常に多くの種類の製品が多様な形態で販売されています。そして例外無く全ての製品が自身のβグルカンの量が多いことを「豊富な」とか「自信がある」、「自慢の」と宣伝しているのです。ここで、大切なことは客観的に比較検討を行うために、製品の内容量と品質であるβグルカンの含有量や含有率などの”数値”を確認して比較するとが欠かせません。肝心のβグルカンの量が 1%に満たない低品質の製品でさえも、"絶賛"で販売されていることを憶えておきましょう。

さらに大事なことは「健康食品は ある一定の金額を超えると、逆に質が下がる」という悪しき傾向と高額健康食品の存在です。
数十万円もする高額健康食品なのに、成分的には βグルカンが 半分以下、もしくは数%程度しか入っていないキノコ健康食品を買ってしまうのは自虐的な買い物だとも言えます。成分としてのβグルカンがいくら優秀でも、絶対量として含まれている量が少ないのでは、期待している機能性は発揮される可能性は低くなります。しかも、かような低純度品の半分以上を占める不純物はβグルカンの仕事を邪魔する存在なので、全体の効率はさらに低いものとなってしまうのです。

「良いβグルカン」とは、βグルカンが60%以上は含まれている製品です。「とても良いβグルカン」ならば、βグルカンは85%以上の高純度にまで精製されており、このレベルが先進国各国で利用されているβグルカンの世界標準となっています。

さて、このようにして厳選した「純度が高いベータグルカン」は本物なのでしょうか?
広告宣伝に表示されているβグルカン(ベータグルカン)の含有量は本当に入っているのでしょうか?

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンのQ&A | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカンを最大効率で摂取するタイミング

高純度品に限らずβグルカン(ベータグルカン)を摂るタイミングは、「食間」がベストです。 食事と同時に摂るのは、「モッタイナイ」ことになります。

ハナビラタケに代表される市販の多くのキノコβグルカン健康食品・サプリメントは、 不純物(タンパク質,脂質)が多いために、βグルカン分子が不純物に覆われています。 そのため、βグルカンをマクロファージに捕食させて吸収させることが困難になり、 純度以上に吸収率が低くなっているのです。

高純度のパン酵母βグルカンでは、精製工程において不純物を徹底除去していることで、 βグルカン分子周囲にも たんぱく質、脂質は殆ど除去されています。 これによって、高純度以上にマクロファージによる吸収効率が高くなっています。 βグルカン健康食品・サプリメントでは不純物を除去することが大変に重要で、 副作用リスクを払拭するだけでなく、βグルカン吸収効率を大きく上下させます。

高純度βグルカンを利用する際には、 食事との時間間隔を前後に30分から可能なら1時間以上空けることが最大効率の秘訣です。 食事に含まれているタンパク質、脂質は不可欠で重要な栄養素ですが、 混合によるβグルカンの吸収率低下は、高純度βグルカンが「モッタイナイ」。

だから 超高純度ベータグルカン専門店『βグルカン本舗』では、 「食間に水だけ」でβグルカンを摂取する最大効率化を推奨しています。

高純度βグルカンだからこそ、さらに最高効率でご利用頂きたいのです。

ただし、βグルカン(ベータグルカン)の最適な量は個人個人の体質や体調で大きく異なります。 満腹感を感じない程度の量に留めるように意識されるのが良いでしょう。 「食間=空腹時」のβグルカン摂取は最大効率である一方で、 食べ過ぎを感じ易いタイミングです。 優れた健康食品といえども単純に食べ過ぎは避けるべきだとご留意下さい。

超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンのQ&A | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカンの飲み方 - 味
誰しも初めての食べ物、ましてや"健康食品"を食べる際には、嫌な臭いや味があるかどうかが気になるものです。"良薬口に苦し"は難にでも、当てはまるのでしょうか?

βグルカン(ベータグルカン)健康食品は日常で目にすることは稀で、殆どの人が必要に迫られて初めて摂ることが殆どのようです。やはり、苦いかもしれないとか、どのように飲むのがよいか解らない、等々の疑問が多いものです。

味に関して、旧来のキノコを原料とした
βグルカン
健康食品は、キノコ特有の土臭さや時には苦味も不可避な味だったものです。この理由は、キノコ由来のβグルカン健康食品に精製工程が殆ど無いことが原因です。キノコは精製してさえも
βグルカン
(ベータグルカン)以上に多くの不純物が残留してしまいます。この不純物が培地(土壌)の香りの主因であり、不純物のために時には深刻な副作用まで残っていることが問題視されていました。

しかし、1990年代から脚光を浴びつつある「パン酵母由来のβグルカン」は充分な精製工程を経ているために不純物が激減しており、完成品はほぼ無味・無臭です。
その為、粉末タイプのβグルカンを摂取する際にでも、水に溶かすだけで苦味に苦しむことなく気軽に飲むことができるようになりました。(パン酵母βグルカンは粉末の粒子が非常に微細なので、βグルカン粉末だけを先に口に入れて水を含む飲み方はお薦めできません)

パン酵母のベータグルカン」はまさにパンを醗酵させるイースト菌が原料であるため、パンと同じく香ばしい味を連想する方も多いようですが、水に溶いても味は殆ど無味/無臭です。
風味はパンに似ているとの感想もありますが、強いて味を挙げるとすると「粉っぽい」味だとは言えるかもしれません。
ただし、苦味やエグミも無いものの、美味しいものではありません。健康のための最小の忍耐は不可欠とご理解下さい。

多くの方は、カプセルタイプのβグルカン健康食品から初めて、相性が確認できた後に量的に安い粉末タイプのβグルカンへと移行します。
外出先ではカプセルタイプ、在宅時は粉末タイプという使い分けも便利で経済的です。先に試しに購入したカプセルタイプでカプセルから中身のβグルカン(ベータグルカン)を取り出して、水に溶いて"味見"をしてみるのも良い選び方かもしれません。

ところで、お子様や嚥下障害のお年寄りがβグルカン(ベータグルカン)を摂取する必要がある時には、フルーツ味の付いた「薬用ゼリー」のご利用をお薦めしています。
水での摂取と同様にβグルカンの機能性を損なわずに摂取することができます。フルーツ味の「薬用ゼリー」は、一般的な薬局やドラッグストアで200〜300円程で市販されているので、ご利用をご検討下さい。

また、家族同然のペット(イヌやネコ)にもβグルカンを摂取させる方も増えています。「ペット水」としてβグルカンを与えることも一案ですが、衰弱が酷い場合にはスポイトで与えることも一計です。

人間だけでなく、犬や猫にも摘要が期待できるβグルカンは、
高純度で無味無臭な「パン酵母由来のβグルカン」が最適と言えるでしょう。
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンのQ&A | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ