βグルカンの選び方

βグルカンを比較し、本物のβグルカンを選ぶ!効果的な摂取方法も重要です。
最先端のβグルカンとは(4)

「パン酵母から抽出される高純度βグルカン」の安全性は、アメリカ合衆国 食品医薬品局(通称:FDA)から「安全基準合格」の認証を取得していて「一般の食品と同じように食することができる」と認められています。パン酵母βグルカンは、発見/開発から約70年の年月を経て製品品質が洗練されたと同時に安全性も格段に向上し、安全・安心なサプリメントとなったことで、実利を重んじる欧米を中心として世界中で広く普及が進行中です。

本物の高純度βグルカン健康食品を取り扱う販売店が、日本ではまだ少ないため、今だに知る人ぞ知る最先端サプリメントなのです。

一方でβグルカン(ベータグルカン)という成分名とその機能性は、徐々に認知度が高まりつつあります。しかし、それにつれて「"自称"の高純度βグルカン製品」が跋扈し始めたことには注意が欠かせません。これらの自称高純度βグルカン製品は、含有量を表示するためには必須の成分検査を省略しています。内容成分が検証されることなく、「高純度!、高純度!!」と連呼する大々的なβグルカン成分の宣伝を展開しているのです。困ったことに質の悪い製品ほどに、宣伝広告は派手なので目に付きやすいのも問題と留意下さい。


他者に成分分析されると.....

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
最先端のβグルカンとは(3)

事の本質がβグルカン(ベータグルカン)製品に最も重要なのは高純度で高品質な製品を利用することなのだと解明された後でさえも、多くの人にとって高純度のβグルカンを継続利用することは困難でした。その最大の原因は、販売価格が非常に高く、1本5万円以上もする高額商品と位置づけられていたためです。

本当に優秀で必要と判った健康食品でも異常なまでに高額品になってしまうと、毎月毎月購入して継続的に利用し続けるには大変な金銭が必要でした。一度だけ大金を費やして事が収まるならまだしも、毎月の高額出費に対して経済的な余裕のある家庭は多くは無いのです。

穏やか機能性が特徴のβグルカンは副作用が無い一方で、少なくとも数ヶ月以上は継続して利用することで結果を待つ前提の製品なので、継続利用が難しいほどの価格=利用できる人が少数に限定されてしまっていたのです。

このような問題に多くの人が憤っていた状況へ登場した"希望"が、『オルタスβグルカン85』シリーズです。患者側の立場で購入した経験を持つ株式会社オルタスのスタッフだからこそ、開発できたβグルカン製品だと言えるでしょう。 その製品化の絶対条件とされたのは.......

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
最先端のβグルカンとは(2)

βグルカン健康食品だからβグルカン成分が多いのは当り前。しかし、βグルカン健康食品なのに含有量/含有率が少ない製品も多く、酷い場合には表記さえ無い製品もあります。最低限のβグルカン含有量/含有率は今や60%以上が必須ですが、絶対的に確保したいものです。

ここで、さらに加えるべきβグルカン健康食品の比較基準を挙げておきます。それは、βグルカン(ベータグルカン)には「機能性のあるβグルカン」と「機能性が無いβグルカン」があるという点です。

実は「βグルカン」とは大きな分類の成分呼称で、実際には更に細かい分類が"分子の形状"で存在します。これは、同じベータグルカンでも形状が違うと、性質=機能性も違うためです。具体的には、機能性があるβグルカンは3重螺旋(ばね型)の形状をしたβグルカンで「β1,3Dグルカン」と呼ばれます。これとは違う形状のβグルカンも多数存在しており、直線形状のβグルカンはβ1,4Dグルカン鍵型形状のβグルカンはβ1,6Dグルカンと呼ばれますが、残念ながらこれらのβグルカンには機能性が無いことが実験の結果として確定されているのです。

低品質のβグルカンとは? 最高品質のβグルカンとは?

つまり、「βグルカン成分が多いこと」が第一条件で、さらにβ1,3の形のβグルカン=β1,3Dグルカンが多いβグルカンを選ぶことが重要な第二条件なのです。βグルカンの中身にβ1,4やβ1,6の形のβグルカンは機能性が無いので、なるべく少ない方が良いと言えます。この観点からすると、旧来のキノコ原料の健康食品は、まずβグルカンが少ないことで落第するだけでなく、最重要成分のβ1,3Dグルカンも微少量もしくは不含なので、選択肢からも外れてしまうことが解ります。

世界中で従来のキノコ健康食品からの乗換えが進んでいる健康食品が.....

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
最先端のβグルカンとは(1)

数え切れないほどの種類や量が溢れている健康食品・サプリメントの中でも、種類も量も一番多いのは「βグルカン(ベータグルカン)」という機能性成分を主成分としている健康食品・サプリメントに間違いないでしょう。

昔話から登場することの多いキノコ信仰に端を発するキノコ健康食品は、今でもハナビラタケマイタケ、メシマコブや冬虫夏草, チャーガ、ハタケシメジ等を原料として次から次への新製品が発売されています。(そして、いつの間にか消える。。。) つまり、βグルカンという成分こそが現代で最も実績と歴史のある機能性成分であるということが言えます。

今だに多い これらのキノコ健康食品の成分に関して、その中の機能性成分が「βグルカン(ベータグルカン)」という特殊な多糖類であることが解明されたのは1980年代のことです。

キノコβグルカン製品の内実高純度βグルカンの成分

機能性成分が「βグルカン」なのだと解っているのだから、無駄を省いて、いかに多くのβグルカンを食べるるのかが、目指すべき方向性となります。単純にはβグルカンを多く摂取することで良い結果を導く確率は上げられるが、βグルカンが少ない製品を選択してしまうと可能性は下がる一方だと言えるでしょう。

可能性の大小は、含まれている機能性成分の大小の数値比較で鮮明になります。旧来のキノコを原料とする健康食品・サプリメントでは1〜数%、多くても40%前後がβグルカンの含有量でした。これらの数値の裏返しは、不純物が半分以上を占めているとも言えます。たんぱく質や脂肪なの不純物はβグルカンの機能性を邪魔するため、含有量以上に問題なのです。

 

しかし、βグルカンを酵母から抽出精製する製品が開発され、精製技術が進歩したことで状況は一変しました。1990年代以降に開発され販売開始された酵母抽出のβグルカン製品では、なんとβグルカンの純度が60〜85%以上へと高められたしたのでした。同時に不純物の量も激減したことで、安全性の向上もめざましいものでした。これが今日の世界標準のサプリメントとなりつつある「パン酵母βグルカン」という新しい健康食品・サプリメントなのです。

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンの選び方 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
βグルカン健康食品の本物を買うには?

20年前に大流行した健康食品はアガリクス茸。最近流行の健康食品では、ハナビラタケやハタケシメジ、カバノアナタケなどの広告宣伝が多く見受けられます。健康食品の流行は宣伝の多さに比例して人為的に作られているものなのですが、これらキノコに共通する有効成分として「βグルカン(ベータグルカン)」に着目するのは 本質的には間違いではありません。

このβグルカンと いう成分はキノコの中に含まれている成分で有名になったものの、近年では パン酵母(イースト菌)や黒酵母からも生産できるようになり、新製品が数多く販売されています。中でもパン酵母を原料とした「パン酵母βグルカン」は、純度が高く効率的なために世界中でキノコ健康食品を代替しています。似たような酵母由来製品には黒酵母菌(アウレオバシジウム・プルランス)から生産される黒酵母ベータグルカンという製品が販売されていますが、内容は全く異なるので注意が必要です。

黒酵母ベータグルカンは、紹介料を目的としたマルチ商法の商材としての注目度の方が多いのは製品の質に起因しているようです。製品中の大部分である98%が水分でβグルカンはほんの2%前後しか入っていないのでは、より安くても本当に良いベータグルカン製品が沢山あることは、調べればすぐに解ります。

歴史と実績の多いβグルカン(ベータグルカン)が主成分の健康食品は、非常に多くの種類の製品が多様な形態で販売されています。そして例外無く全ての製品が自身のβグルカンの量が多いことを「豊富な」とか「自信がある」、「自慢の」と宣伝しているのです。ここで、大切なことは客観的に比較検討を行うために、製品の内容量と品質であるβグルカンの含有量や含有率などの”数値”を確認して比較するとが欠かせません。肝心のβグルカンの量が 1%に満たない低品質の製品でさえも、"絶賛"で販売されていることを憶えておきましょう。

さらに大事なことは「健康食品は ある一定の金額を超えると、逆に質が下がる」という悪しき傾向と高額健康食品の存在です。
数十万円もする高額健康食品なのに、成分的には βグルカンが 半分以下、もしくは数%程度しか入っていないキノコ健康食品を買ってしまうのは自虐的な買い物だとも言えます。成分としてのβグルカンがいくら優秀でも、絶対量として含まれている量が少ないのでは、期待している機能性は発揮される可能性は低くなります。しかも、かような低純度品の半分以上を占める不純物はβグルカンの仕事を邪魔する存在なので、全体の効率はさらに低いものとなってしまうのです。

「良いβグルカン」とは、βグルカンが60%以上は含まれている製品です。「とても良いβグルカン」ならば、βグルカンは85%以上の高純度にまで精製されており、このレベルが先進国各国で利用されているβグルカンの世界標準となっています。

さて、このようにして厳選した「純度が高いベータグルカン」は本物なのでしょうか?
広告宣伝に表示されているβグルカン(ベータグルカン)の含有量は本当に入っているのでしょうか?

続きを読むにはここをクリック >>
超高純度βグルカン
| βグルカン マイスター | βグルカンのQ&A | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ